読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23.5℃

ちょーどいいぐあい

アイドルしてます!

They

2013年、SHOCKにたった一人呼ばれたときの亮太くんはどういう気持ちだったんだろうか。もちろん嬉しさはあっただろうし、付き合いの長いふぉ~ゆ~がいるといっても初めて過酷な舞台に立つことへの不安もあったかもしれない(いや、分かんないけど)。まして初心者でもなしに何でも人に頼れる訳でもないんですよ。そういう場に放り込まれても、しっかり自分の立ち位置を手に入れている亮太くんの道を切り開く力はやっぱりすごいものだと思います。今年の梅田公演では随分お兄ちゃんしていたようですね!

「本当に3人で作ったコンサート」
「俺的にクリエは、もうめっちゃ大、大、大成功なんだよ」
(ダンススクエア vol.3)

初の単独クリエについて話す亮太くんの言葉には溢れんばかりのThey武道への愛情がこもっていて、寧ろそんなに!?って驚くぐらいで、なんだか勝手に愛おしかった。君はほんとうにしょーちゃんとえだちゃんのことがすきなんだねぇ、って。何かと2人と離れてのお仕事が多いからこそ、でもあるのかなぁとか。
おバカで愛されキャラの亮太くんは、その分沢山の愛情を持っている人、なんだと思います。(たまに暴露される後輩への謎のジャイアン気質は空気が読めてないだけ説を推していきたい)
ぜいぶどうがこんなにピースフルなグループなのは半分ぐらい亮太くんの愛嬌が要因だと思っている。

そして亮太くんのダンスの魅力には本当に、驚かされることが多い。がつん、とこっちに思いっきりぶつけてくるようなダンスをする、と思っています。もともと全然好みのタイプのアイドルじゃないことを忘れて引き込まれてしまう。計り知れないなにかが爆発してる。絶対に、もっともっと沢山の人の心をわし掴みにする力があるはず、とウルトラスーパーど新規なりに思っているから、どんどん色んなステージで人の目に触れてほしい!同時にそうやってはやえだ2人のことも導いていってほしい、と思います。自慢の切り込み隊長やまもとりょーた。

何より、楽しく踊っていてください。そのダンスで、きみは人をしあわせにできる。と勝手に信じています。
25歳のお誕生日おめでとう!