23.5℃

ちょーどいいぐあい

2018.3.31 はやしくんと宇宙Sixのこと

はやしくんがThey武道から1人で滝沢歌舞伎に出演するようになったぐらいの頃からかなぁ、自分の「踊るはやしくんが好き」という思いとはやしくんのもとにやって来る仕事との乖離を感じ始めてた、今思えば。いつかこんな日が来るかもしれないっていう考えが微かにあったんです、でもそれは霞がかったものではっきりとはしなかったし、考えないようにもしてた。

They武道から宇宙Sixになった時にも散々色々考えたけど、やっぱりわたしはThey武道というグループの中にいるはやしくんが好きだったし、幸大くんとはらめぐが一緒になって、宇宙Sixの中にいるはやしくんをまた好きになった。いつの間にか宇宙Sixというグループを「ダンス」というものにはやしくんを繋ぎとめてくれるものみたいに思っていたところもあったかもしれない。

 

それが、ねえ。はやしくんが自らの意志でグループとダンスを手放したことを突きつけられると咄嗟に思考が働かなくて、たまたまあのコメントを見たとき人とお酒飲んでたんですけど(明るいうちからかよ)、めちゃめちゃすすみましたよね。酒弱いのに。

とにかくもう最初は何も考えられなかったんだけど、飲みの席も解散して1人になって、なんか今は怒りと悲しみが混じったみたいな気持ちです。怒りって別に裏切られたとかそういうことを感じてる訳じゃないしこんな事ではやしくんのこと好きじゃなくなるなんてことは太陽が西から昇ったってあり得ないんです、ただね…歌もダンスもグループも、そんな潔く手放しちゃうのかよばかやろーーー!!!!!ってとりあえず1回だけ叫ばせて、1回だけだから。

 

分かってます、ちゃんと丁寧にコメント出してくれただけでも十分です。今日の舞台での5人の様子をレポで伺えば分かります、これははやしくんと宇宙Sixにとって大切な決断だった。何年か経ったとき、これはベストな決断だったんだと思わせてくれればそれでいい…いや違うな、そのために頑張る姿を見せてくれればそれでいい。だからアイドルとして踊るはやしくんを死ぬほど好きだったわたしのことは、1回ばかやろうと叫ぶだけで仕舞っておきます。絶対捨てられないけどね、あの、大人しくするようによく言っておきますから。