23.5℃

ちょーどいいぐあい

宇宙ってスケールでかすぎだよね

11月11日。その日はThey武道が結成8周年を迎える日だった。朝からTwitterの私のTLには祝福の言葉が並んで、相変わらずここは墓場だけれど、それでも楽しんで踊り続けてくれている彼らへの感謝と、希望と、愛、みたいな。そんなもので溢れていた、はずがその日の夜、状況は一変する。「宇宙Six」爆誕の瞬間である。

よりによって、結成記念日に、だ。こんなことってある!?
いやあるのだ。こんなことが。
ジャニーズの、アイドルの世界は本当に流動的で、毎年のように誰かがいなくなるし、シンメは解散されるし、グループも改変されていく。They武道だって最初から3人だった訳ではないし、ましてあのSMAPが解散する時代なんだもの。そりゃあ宇宙Sixだってできておかしくないよね。うん、全然おかしくない。ちょっと混乱してついにはやしくんもあの森田剛さまと同じ6という数字を背負う男になったんだね…?とかよく分からないことも思ってみたりしていた。

おかしくないのは分かるし、若いはらめぐを巻き込んでのこのグループ編成は、まだ暫くは踊り続けてくれるんだというすこしの確証が得られた気がして安心した部分もある。何より一人きりになってしまった幸大くんと再び同じグループになったという事実には胸が熱くなった。だけどいかんせん、私は3人のThey武道というくくりに、そしてThey武道という名前にも、まあまあ執着してしまっていた。それだけ私のジャニオタとしてのスタンスとか、私の心にThey武道はフィットしていたんだと思う。

12月28日。They好きの方とたまたまご縁があって、嵐のツアーにお邪魔できることになった(They担としてはやっぱり新しいグループ始動の時を見ておいたほうが良いと思って、とのことで本当にありがたかった)。そこで6人の姿を見ての率直な感想がこれである。

二宮さんのソロが決定打だったと思う。ああ、なんかすごくグループっぽいじゃない。とても素敵だよきみたち!
単純にこれが見られただけでお金を払って良かったと思った(衣装も良かったよね、MA-1)。
でもやっぱりThey武道の3人のことを特別に見てしまうところがあって、この3人がまだ好きだし、They武道がまだ好きで、これからも多分ずっとそうだろうなと、そういう意味での「これからも愛させてほしい」。このぐらいは許してほしい、お願いだ。ちゃんと少しずつ宇宙Sixのことも、愛せるようになると思うから。
They武道の3人に幸あれ、宇宙Sixの6人に幸あれ!



最後にこれだけ言いたい。
宇宙ってスケールでかすぎだよね!?


多分このツッコミだけは本当にずっと引きずると思う。ジャニーさんの宇宙ブーム、いつまで続くのかな。