読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23.5℃

ちょーどいいぐあい

行き先は

いつの話って感じですがThey武道のクリエなど回顧します。ぜいぶどうのこと。非常に重たくエゴのつまったことも書いているのでウッと思ったら光の速さで引き返してくださいお願いします。


チケットもぎ取られるのと同時に渡されるのは搭乗券、フライト前の注意事項「うちわも浮気も禁止です!(>_<)」、離陸の効果音から始まる本編。
こんなコンセプトばっちりの演出決めてくることにびっくりしたと同時にくすぐったさみたいなものを感じながら見ていた。初っ端から最後のアンコールまでこれ以上体験したことがないくらい充実感あふれるライブで、すごい、すごいよThey武道、贔屓目かもしれないけど絶対それだけじゃない、この人たちのつくるライブ素晴らしい。そんな興奮で締めくくられたわたしのTheyクリエ。

They武道が可愛くてピースフルなだけじゃないっていうことを忘れていたような気がした。最近のぜいに対して「かわいい」とばかり発していたわたしもハッとするぐらい、クリエのステージに立つこの3人のアイドルは凛としていて格好良かったのです。
この年齢で、ジャニーズJr.で、そんな状況にある3人の覚悟が垣間見えたような気がした、何となく。


わたしは正直好きなJrがデビューするかどうかにはあまり興味がなくて、積極的にしてほしい!とも思わない。
特にThey武道に関しては、これを言ったら誰かに怒られるかもしれないけど寧ろしないで欲しい、今のままでいて欲しいぐらいに思っていたりもします。わたしがおたく活動においてあまり「応援する」というスタンスでいないこともあるかもしれない、自分が楽しくなるためにおたくをしているだけだから*1。万が一デビューが決まったとして3人をめぐる状況が全く変わってしまったら…?今出ている舞台に立てなくなったら…??今の距離感とぜいの出ている現場がまるごと好きなだけに壊れるのが恐い。勝手なのは本当に、分かっている。

3人は「デビュー」と口にしない。もうちょっと若い時までは夢見てたことだろうと思う(実際言っていたことがあるはず)、そして今だって言わないだけでどう思っているかは我々には分かりようがないんだけれど、They武道が次の目標に「全国ツアー」を挙げているのを聞いてから尚更このエゴにまみれた気持ちが強くなった、あれっそもそも「デビュー」ってなんだっけ、そんなに大事だったっけ?って(いや凄く大きなことではあるんだけど、絶対じゃないとおもっている)。
今年の公演でも度々「もっと大きいところで」と言っていました、ゴールはデビューじゃなくても、アイドルとして、そういう所に目指すものを見出だしてくれることが凄く嬉しかった、という話です。

あとどのぐらいアイドルでいてくれるか、それは分からないけれど、それでもこの先は希望で満ちている、と思う。より楽しいもの、より格好いいもの、より美しいものを見せてくれるはずだ、っていう信頼にあふれた希望です。

わくわくさせ続けてくれるぜいぶどうが、好きだよ!

*1:もちろん好きな人たちの幸せは願っている、デビューすることが幸せならそうしてほしいし、デビューしようがしなかろうがその人たちがやっていることを好きだと思える限りは眺め続けると思う

気になる女子ドルの話

映画「百日紅」を観てきました。俳優界の自担高良くんの登場シーンが少なくて寂しかったのですがこのような強い女の子の話、がとても好きです。思い返せば小説やマンガに出てくるキャラクターでも、女の子女の子した子よりどこか気が強い女の子の方が昔から好きでした。

そんな「強い女の子の物語」を臨場感たっぷりに味わえるのが女子アイドルの世界だ、と気付いた。と言う訳で、只今女子アイドルの文化に興味津々でこざいまして、なんだか凄く楽しいのでとりあえず気になるグループと気になる人について思っていることを記録しておきます。わたしの好みを並べただけの完全自己満足記事だけど一緒に楽しくなってくれる人がいたらいいなぁとも思ったりするので参考までに動画も適当にピックアップして載せてます、暇な人だけ読んで下さいませ。

乃木坂46

今一番ハマっているのが乃木坂です。全体的に楽曲やPVが素敵だしみんな可愛い、ただただ癒し。あの女子校感になんとも言えない甘酸っぱい気持ちを抱くのはわたしが女子校育ちだからだろうか。無口なライオンのPVを「花園や~!!」と興奮気味に観たのがハマったきっかけです。(実際の女子校=花園なのかといったらそれはまた別の話)
乃木坂には一人(時に二人のことも?)ずつ映像クリエーターとタッグを組んで映像を作る個人PVという文化があるのが面白いな~と思っている。クリエーター発掘の意味もあるのかな(あんまり詳しくないのでどういう立ち位置の方が関わっているのか分からない)。

https://www.youtube.com/watch?v=WrTjQFW-Lx0&feature=youtube_gdata_player

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=x8nkFt9ULMI&feature=youtube_gdata_player

YouTube

松村沙友理

ぶりっこ系要素を持ちながらも、かの名言「妥協じゃないです、方向転換です」からも滲み出る賢さが何とも言えない。アイドルであろう、としているところが見えるのがたまらない。そしてわたしはこんなに可愛らしく笑う女の子を他に見たことがないよ…!というぐらい笑顔がふにゃっとしていてかわいい。さゆりんごにはずっと笑っていて欲しい。

伊藤万理華

デザイナーのご両親を持つベビーフェイスのお洒落女子。アーティスティックで独特な雰囲気を纏ったまりっかが歌って踊ってアイドルをやっている、というところに興味を持たずにいられない。あまり他にいないタイプのアイドルな気がします。個人PVがまたどれもこれも素敵なんですね~。気付いたら虜でした。私的写真集が欲しい女子アイドルNo.1。
主演映画も決まりましたし注目すべきメンバーなのでは?

乃木坂46 『伊藤万理華-予告編-』 - YouTube

モーニング娘。'15

強い女子アイドルといったらハロプロ、というイメージ。ハロプロといえば何といっても今着々と注目を集めているモーニング娘。でしょう。わたしが興味を持ったのも'14になるかならないかのあたりからなんですが、とにかくダンスがめちゃめちゃ格好いいのである。とりあえず全国民見たほうがいい。楽曲もバキバキしたものが多いし爽快感があります。モーニング娘なだけあって朝電車で聴くとすごい気合い入る。ちなみに12期生で一番タイプなのは羽賀さん。


モーニング娘。&#39;14 『TIKI BUN』(Promotion Ver.) - YouTube



モーニング娘。&#39;15『青春小僧が泣いている』(Morning Musume。&#39;15[An ...

鞘師里保

センターでエースの鞘師ちゃん。あのPerfumeを輩出した広島アクターズスクールに通っていただけあってパフォーマンスの技術はピカイチ。エネルギーに溢れた目を引くダンスをする。自分に自信を持っているところが彼女の強さなのかなぁと思う。プロのアイドル。

譜久村聖

マシュマロボディなハロヲタふくちゃん。鞘師ちゃんふくちゃんの二人はちょっと似通ったエロさがある気がする。割と控えめな印象だったけど道重さんの卒業後リーダーを受け継いだふくちゃんには格好よさも備わった気がします。勉強がとても苦手らしい。

Berryz工房

活動休止してから気になり出すという流行遅れっぷりなんですが、ビジュアルからして強烈ゆえ、どこか敬遠していたのかもしれません。何かただならぬものを感じる。これから是非とも積極的に後追いしていきたいグループ。


Berryz工房 『愛はいつも君の中に』(Berryz Kobo[Love is Always inside ...


Berryz工房『Love together!』(Promotion Ver.) - YouTube

嗣永桃子

ももちこと桃子さん。1度歌って踊る姿を見てしまえば「桃子さん」と呼びたくなる。あんなぶりっこキャラのももちがこんなに格好よくてロックなアイドルだったなんて!!好き!!カントリーガールズではどのように活躍していくのでしょう。


もっと勉強したらぜひライブやらイベントやらにお邪魔して女子アイドルのヲタク文化についても考えてみたい(そんな暇とお金はあるのだろうか)。ジャニヲタと共通する部分もあるだろうし、イメージからして絶対違うだろうなと思う部分もあるので比べたら面白そう。
以上、久々のジャニーズ現場を17時間後に控えていて落ち着かないままに書いた記事でした。

ありがとう

町田さんの連載が消えた。たぶん、そういうことだ。
それなりに思い入れのある人がいなくなるのはわたしのじゃにをた人生で初めてのことなのでやっぱりちょっとショックをうけている。何度も考えるタイミングはあったはずで(実際一回辞めていたんだっけ)、それでもこれまでここに居続けてきた人の、この選択はなんだか、重い。

一番最初に、バックで踊る人、に興味を持つきっかけの人だった。15年も遅れて、勝手に町田さんの青春時代とそのちょっと癖のあるダンスに惚れ込んでいた。大町シンメのダンスをこの目で見るのが夢だった。
なにもずーっと見てきた立場でもないけれど、なんだかちょっと特別な人。です。

どうか新しく選んだ道でも、たくさん輝いてくれますように。

とくに有益でもない話をします。

じゃにおたの世界には、"担当"という文化があるようです。その捉え方は人によってまちまちで、必ず決めなくてはいけないものでもないし、たった1人に定めなくてはならないものでもないでしょう。

じゃにおたになってからずっと一番だった二宮さんから離れてみたらびっくりするほど気分も体も軽くってテキトーにおたくができて、刺激的なJr.の世界にもずぶずぶ足を突っ込んで、なにこれすんごい楽しいじゃんDD気味生活(ゆるヲタ期間といいながら大してゆるくなかった)。そんなものでこのまま自担いなくていいかなぁ、ぐらいに思っていた時期もあるんですけど、やっぱり1つの視点という意味でも、誰かひとりをそこに据えたい、という結論に至りました。



最早見ていたい人なんていくらでもいる。その中で誰を、と考えたとき、もうこれに尽きるな~と。
そんなこんなで、はやしくんを視界の中心に置くのかなぁ、という気持ちです、今。宣言してなかっただけで実質既にそうだったけど。心置きなくおたくができる、そして自分でお小遣いが稼げる身分になったので、積極的に現場にも行きたいなーと思います、しかし本業を疎かにしないよう、身の丈に合った感じで楽しむのが目標である。

Twitterも稼働させようと思う、んですけど担降り?もしましたし1年前とはだいぶおたくするときの心持ちが違うというのもあるので、情報収集と独り言垂れ流し用に使ってたkoguuupを母屋にするつもりです。前のアカウントをどうするかはこれから考える。

アイドルしてます!

2013年、SHOCKにたった一人呼ばれたときの亮太くんはどういう気持ちだったんだろうか。もちろん嬉しさはあっただろうし、付き合いの長いふぉ~ゆ~がいるといっても初めて過酷な舞台に立つことへの不安もあったかもしれない(いや、分かんないけど)。まして初心者でもなしに何でも人に頼れる訳でもないんですよ。そういう場に放り込まれても、しっかり自分の立ち位置を手に入れている亮太くんの道を切り開く力はやっぱりすごいものだと思います。今年の梅田公演では随分お兄ちゃんしていたようですね!

「本当に3人で作ったコンサート」
「俺的にクリエは、もうめっちゃ大、大、大成功なんだよ」
(ダンススクエア vol.3)

初の単独クリエについて話す亮太くんの言葉には溢れんばかりのThey武道への愛情がこもっていて、寧ろそんなに!?って驚くぐらいで、なんだか勝手に愛おしかった。君はほんとうにしょーちゃんとえだちゃんのことがすきなんだねぇ、って。何かと2人と離れてのお仕事が多いからこそ、でもあるのかなぁとか。
おバカで愛されキャラの亮太くんは、その分沢山の愛情を持っている人、なんだと思います。(たまに暴露される後輩への謎のジャイアン気質は空気が読めてないだけ説を推していきたい)
ぜいぶどうがこんなにピースフルなグループなのは半分ぐらい亮太くんの愛嬌が要因だと思っている。

そして亮太くんのダンスの魅力には本当に、驚かされることが多い。がつん、とこっちに思いっきりぶつけてくるようなダンスをする、と思っています。もともと全然好みのタイプのアイドルじゃないことを忘れて引き込まれてしまう。計り知れないなにかが爆発してる。絶対に、もっともっと沢山の人の心をわし掴みにする力があるはず、とウルトラスーパーど新規なりに思っているから、どんどん色んなステージで人の目に触れてほしい!同時にそうやってはやえだ2人のことも導いていってほしい、と思います。自慢の切り込み隊長やまもとりょーた。

何より、楽しく踊っていてください。そのダンスで、きみは人をしあわせにできる。と勝手に信じています。
25歳のお誕生日おめでとう!

猫着て座ってるだけでいい

They武道の最年長江田さんが27歳になりました。あんなに可愛らしい顔してるのに!本当に大人のひとなんだなぁ!(笑)

はやいもので、They武道を眺めるようになって1年ほど経ったんです(恐ろしい)。3人のことを知っていく中で、They武道にとってえだくんの存在はけっこう大きな柱なんじゃないかなぁ、と感じている。踊る時には3人誰でもセンターになれるけど、精神的にはいつもえだくんが真ん中。真ん中で、でも2人よりほんのちょっとだけ下がったところにいるんですよ。ゆったり構えて、後ろから2人を包んでいるように見えるんですよ。
「なんにもしない」「マスコットキャラ」って、そんな言われようだけれど、誰よりもりょたしょた2人が信頼して、甘えているんだろうなーと思います。面倒見られているようで、きっとえだくんはちゃんと2人を見てる。

亮太くんの愛嬌・特攻力と、はやしくんの素直じゃないけど甘い統率ツッコミ力と、泰然自若えだくんの包容力で、多分ぜいぶどうはできている。ぜいぶどう平和。ラブアンドピース。


新しい年も、ステージに立つ時間がえだくんにとって幸せであることを祈ります。ダンスの独特な妖艶さも、お芝居の時の鋭さも、江田にゃんのキュートさも、年下好きの甘えたなところも、どうかそのままでいてください。えだくんはいてくれるだけでいい!猫着て座ってるだけでいい!

一日遅れだけど、お誕生日おめでとう!

「神格化」しているんだってよ

あらしがハワイに行っているというから、突然二宮さん元気かなぁ、と思ったもので色々と漁っていました。

インタビューで二宮さんが話していたらしいのです。「ある男の子がある条件のもとで神格化する」、コンサートはそういう瞬間だと。(レポをざっと読んだだけなので変な解釈の仕方をしていたら申し訳ないのだけど)
これを見てわたしはぶったまげたわけです。

何というか、わたしがおたく活動をする上での永遠のテーマみたいなところがあったのです、アイドルでいるってどういう感覚なんだろう。ごく普通に生きいてたはずの男の子がひょんなことからスポットライトを浴び、キャーキャー言われるようになる、そのとき何を感じるんだろう、と。

その答えの1つをこのひとは「神格化」と表現していた。なんというインパクト!二宮さんの事あんまり言葉を温めて発する人じゃないと思ってるから、パッと降りてきた単語を感覚的にあてはめただけなんだろうなとは思いつつ(そうじゃないとわたしが困る、色々考えちゃうから)勝手に心臓をバクバクさせてしまった。

まぁまたなんか難しいこと言っていて好きだなー、という話です。二宮さんを一番に据えることはもう辞めたんだけれど、突然こういう言葉をぶっこんでくるところ、すごい痺れるしチャーミングでいいなと、思った次第です。
なんだか書きたくなったから書いてみました。おわり。